>

熱中症予防は朝ゴハンから!

熱中症予防は朝ゴハンから!
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年6月4日(火)




今日のお天気は晴れ☀、暑い一日でした。
昨日より気温が上がりましたが、わずかな気温差で疲れ方が違いますね。明日も暑くなるのかな。
天気予報は晴れ、気温は平年より高い予想が出ていました。
明日は今日より気温が上がりそうです。にわか雨の予想も出ていましたので、熱中症とあわせて注意してください。

明日も暑くなりそうなので、熱中症の話を少しだけ。

朝から血液サラサラで熱中症予防!



熱中症に良い食品がありますので、まずはご紹介します。

  1. 豚肉
  2. 納豆
  3. モロヘイヤ
  4. 枝豆
  5. 梅干し
  6. ニンニク

まだまだありますが、代表的なものをあげてみました。
そこで、私が気になったのは、上からの2番目の「納豆」です。

納豆の特徴

納豆の原料は大豆です。大豆にはビタミンB1が多く豊富に含まれています。納豆は発酵食品であり栄養素の吸収もされやすく、腸内環境を整え体調管理に適した食品です。また、汗で失われるミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)を補充してくれます。
そして、納豆の成分である「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラにして血流を良くしてくれます。この働きが熱中症予防に効果的です。

納豆ですが、タンパク質・ビタミン・ミネラルなども含まれてさらに、熱中症対策にも効果がある!これは暑い季節の朝食には最適ですね。 体にに良く熱中症にも良い納豆ですが、匂いと粘りが気になる方が多いと思います。そんなときには、汁物の中に入れたり、ゴマ油をかけたりすると匂いと粘りは軽減できます。カレーに入れるのはオススメです。
納豆を料理に使うときの注意点があります。
ナットウキナーゼは熱に弱く、50℃以上になると活性化が急減少します。煮る、焼くなどは控えたほうが良いでしょう。ご飯にかけるはギリギリセーフなので安心してください。
納豆は一日2パックをめどにお召し上がりください。
簡単ではありますが「熱中症と納豆」の話は以上です。

明日も気温が上がりそうです、体調を崩さないように気を付けて下さい。
ご覧いただき、今日もありがとうございました<(_ _)>



スポンサードリンク

2019年6月4日(火)☀晴れ

2019年6月4日 23:50現在
気温日最高 27.7℃ (13:43)日最低 17.6℃ (03:50)
降水量3時間 0.0mm24時間 0.0mm
風向・風速南の風日最大風速 6.6m/s (16:00)
日照時間日合計 7時間38分
日の出/入
(北の丸公園)
04:25:36 AM (出)06:52:54 PM (入)
熱中症情報
(東京)
06月05日(水)
●●
注意
最高気温 21.0℃以上
06月06日(木)
●●●
警戒
最高気温 25.0℃以上
紫外線指数
(東京)
06月05日(水)
●●●●●
きわめて強い
曇のち晴
28℃ / 20℃
降水確率0%
水脹れ、
発熱が生じることも
06月06日(木)
●●●●●
きわめて強い
晴のち曇
32℃ / 20℃
降水確率0%
水脹れ、
発熱が生じることも
所在地(住所)東京都千代田区北の丸公園 (標高:25.0m)
スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。