>

冷蔵庫に眠るバターの保存

冷蔵庫に眠るバターの保存
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年8月29日(木)



日常生活で使い切れずに残ってしまい、冷蔵庫に眠っている食品はありませんか。
そこで今回の保存は冷蔵庫でよく見かける「バター」の保存方法を紹介します。

バターの保存

一度開封したバターの賞味期限は2週間程度です。意外と短いですね。
賞味期限が切れて捨ててしまうのは勿体ない。そこでオススメなのが冷凍保存です。
冷凍保存の良いところは、長期保存が効くところです。使いかけのバターなら2ヶ月程度の保存が可能です。未開封の物なら1年くらいは大丈夫です。
それでは、冷凍保存方法をご紹介します。

  1. 使いやすい分量にバターナイフや包丁でカットする(10g程度が便利)
  2. カットした物を密閉出来る容器に入れる(1個づつラップをしても可)
  3. 冷凍する

これだけで2ヶ月は保存できます。冷凍により風味が若干落ちますが、冷凍前と大差はありません。
解凍方法は使いたい前日に冷蔵庫へ移してください。炒め物や焼き物などで高温調理に使用する際は、凍ったままフライパンなどに入れれば融けます。

ここで注意点!

  • いつもの色より黄色い又は茶色い
  • 使い古した油の臭いがする
  • 水分が出ている
  • カビが生えている

※この様な状態の物は食べられません。破棄してください。

余談
バターは冷凍出来ますが、マーガリンは冷凍には向かない食品です。油と水分が分離してしまうので避けましょう。ちなみに開封後の賞味期限は2週間~1ヶ月です。

バターも冷凍するのが一番、残りそうな時は早目に冷凍保存がオススメです。
これで「バターの保存」の話は終わりになります。
ご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m



スポンサードリンク




photooftheday  「夏の陽射し」


2019年8月29日(木) 晴れ 23:50現在
気温日最高 34.6℃ (12:38)日最低 24.7℃ (06:27)
降水量3時間 0.0mm24時間 0.0mm
風向・風速南西の風日最大風速 6.1m/s (17:10)
日照時間日合計 6時間39分
日の出/入
(北の丸公園)
05:10:24 AM (出)06:13:46 PM (入)
熱中症情報
(東京)
08月30日(金)
●●●●
厳重警戒
28.0℃以上31.0℃未満

曇一時雨
32℃ / 26℃
降水確率50%
08月31日(土)
●●●●
厳重警戒
28.0℃以上31.0℃未満

曇一時雨
32℃ / 26℃
降水確率40%
所在地(住所)東京都千代田区北の丸公園 (標高:25.0m)