>

缶詰の賞味期限切れ

缶詰の賞味期限切れ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年9月12日(木)



今日は缶詰の賞味期限についての話です。
缶詰
缶詰の賞味期限切れを食べる場合は保存状態によって異なります。保存状態が良ければ1~5年、またはそれ以上の物でも食べることが可能です。100年以上前の物を食べても大丈夫だったという事例もあります。

ここで疑問なのは、どうして長期保存が可能なのかですよね。
製造段階で中の空気が抜かれ密閉されています。この状態で加熱して無菌状態にし、菌が侵入できないようします。中身は空気はゼロ、そして無菌状態なので腐敗することはありません。これが長期保存可能な理由です。

次は缶詰の保存方法です。
缶詰は水気のない冷暗所での保存が最適。直射日光を避けて涼しいところで保存してください。
冷凍保存は缶が破損する危険性があるので避けてください。

長期保存可能な缶詰ですが、食べてはいけない物もあります。
開封していないのに膨らんでいる物。これは製造過程で菌が入り込み繁殖したものです。中身は全て処分してください。開封の際は破裂の危険性が高いので十分に注意してください。

缶が破損している物。菌が侵入しているおそれがあるので処分してください。

開封時に異臭を感じた。腐敗しているおそれがあるので、こちらも処分してください。

処分方法は、中身は可燃ごみとして処分してください。缶は中を洗って自治体のゴミの出し方に沿って処分してください。

おわりに
缶詰は賞味期限を過ぎても食べることは可能ですが、安全性を考えると食べない方が無難。食べるのであれば自己責任で食べてください。
私の場合は、賞味期限から2年を目途にして判断しています。
これで「缶詰の賞味期限」の話は終わりになります。
ご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m



缶詰オススメ


スポンサードリンク




photooftheday  「風」


2019年9月12日(木) 晴れ 23:50現在
気温日最高 28.7℃ (14:23)日最低 22.7℃ (21:22)
降水量3時間 0.0mm24時間 0.0mm
風向・風速北東の風日最大風速 5.9m/s (15:10)
日照時間日合計 4時間18分
日の出/入
(北の丸公園)
05:20:59 AM (出)05:53:55 PM (入)
熱中症情報
(東京)
09月13日(金)
●●●
注意
21.0℃以上25.0℃未満

曇のち晴
26℃ / 21℃
降水確率10%
09月14日(土)
●●●●
警戒
25.0℃以上28.0℃未満


29℃ / 20℃
降水確率20%
所在地(住所)東京都千代田区北の丸公園 (標高:25.0m)