>

夏の残り物、麺つゆの賞味期限

夏の残り物、麺つゆの賞味期限
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年9月17日(火)



こんにちは、気温が下がり涼しくなってきましたね。
今回は8月に買って余ってしまった「麺つゆ」についてです。

麺つゆの賞味期限



dummy

使いかけの麺つゆが出てきたけど、まだ使えるのかな?



夏に使ったままの麺つゆ、気が付けば数週間前の物。
使っても大丈夫なのかは悩むところですよね。



dummy

お答えします
麺つゆの保存状態が良好なら使えます



開封後の麺つゆを使うには条件があります。

  • 開封後も賞味期限前である
  • 冷蔵庫で保存されていた

上記を前提として、あとは開封日によります。

  • ストレートタイプ➡3日以内である
  • 2倍濃縮タイプ➡2週間以内である
  • 3~4倍濃縮タイプ➡1~2ヶ月以内である

これらに当てはまるものなら使っても大丈夫ですが、見た目や味で使ってはいけない物もあるので注意してください。
1 濁っている
2 浮遊物がある
3 沈殿物がある
4 蓋を開けたら炭酸飲料の様なガスが発生した
5 すっぱい臭いや味がする
6 見た目が購入前と違う

1~6にあてはまる麺つゆは使ってはいけない状態なので処分してください。

保存方法は開封後は必ず冷蔵庫で保存してください。

まだ使い切れずに余っているという方へ
捨てるのはもったいないので、冷凍保存しましょう。
製氷皿などを使いって小分けにして冷凍庫で凍らせてください。1~2ヶ月は保存できます。
冷凍保存する時の注意点は、冷凍する事により分離したり味が落ちてしまう事があります。冷凍する時は念頭に置いて行ってください。

おわりに
開封後の麺つゆは傷みやすいので早めに使ってください。そのまま使うよりは、煮物などの加熱調理に使うのがオススメです。麺つゆとして使うなら、鍋でひと煮立ちさせてから使った方が安全です。
これで「麺つゆの賞味期限」の話は終わりになります。
ご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m



スポンサードリンク




photooftheday  「秋」