>

賞味期限と消費期限

賞味期限と消費期限
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


賞味期限

一般的に賞味期限が決められる基準は検査によって決められます。

微生物検査 ⇒ 菌の繁殖などを調べる
理化学検査 ⇒ 濁りや粘り、色や酸化などを調べる
官能検査 ⇒ 実際に食べてみた食感や味、臭いなどで判定する

この様な検査を経て、各食品メーカーで賞味期限が決定されます。

農林水産省および厚生労働省の説明

  • 賞味期限とは「美味しく食べられる期限」です。
  • 開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、美味しく食べられる期限を示しています。賞味期限内に美味しく食べましょう。ただし、期限が過ぎても食べられなくなるとは限りません。保存がきく食品に表示されており、3か月を超えるものは年月または年月日で、3か月以内のものは年月日で表示されています。
  • “美味しく食べられる期限”を示します。賞味期限を表示した食品は傷みにくいので、期限を過ぎても、すぐに捨てる必要はありません。
  • スナック菓子、即席めん類、缶詰など
  • 賞味期限内に食べるのは◎、期限切れを食べるのは△
  • もったいない! 賞味期限が切れていてもすぐに傷むわけではありません。保存や調理法を上手に行い、無駄な廃棄を少なくしましょう。
  • 食品の期限表示は、開封前の期限です。一度開封したら、期限表示に拘らず早く食べましょう。食品に表示されている保存方法を守りましょう。保存方法の表示がない場合は常温で保存できます。
  • 加工食品には消費期限または賞味期限のどちらかの期限が表示されています。(一部の食品を除く)

賞味期限とは「美味しく食べられる期限」が前提になります。






消費期限

消費期限は一般的に、定められた方法で保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日です。

農林水産省および厚生労働省の説明

  • 消費期限とは「安心して食べられる期限」です。
  • 傷みやすい食品には「消費期限」が表示されています。
  • 開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示しています。消費期限内に食べるようにしましょう。長くは保存がきかない食品に表示されており、年月日で表示されてます。
  • “安心して食べられる期限”を示します。消費期限を表示した食品は傷みやすいので、期限内に食べましょう。
  • 弁当、調理パン、総菜など
  • 消費期限は製造日からおおよそ5日。消費期限内に食べるのは○、期限切れを食べるのはX
  • もったいない! 消費期限を考えて、無駄な廃棄を少なくしましょう。
  • 食品の期限表示は、開封前の期限です。一度開封したら、期限表示に関わらず早く食べましょう。食品に表示されている保存方法を守りましょう。保存方法の表示がない場合は常温で保存できます。
  • 加工食品には消費期限または賞味期限のどちらかの期限が表示されています。(一部の食品を除く)

消費期限は安全を示した年月日の事です。「期限を過ぎもの安全ではありません」という意味です。