>

土鍋の焦げ付きを防止する方法

土鍋の焦げ付きを防止する方法
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年11月8日(金)




photooftheday  「陰」


テキスト




今回は土鍋を長持ちさせる方法をご紹介します。

土鍋の焦げ付き防止方法

土鍋

新しい土鍋を買ったらやってほしい事があります。
目止め」と言う作業。これは焦げ付き防止の作業の事です。
土鍋は陶器なので細かい穴があいています。実はこの穴が焦げ付きの原因になります。なんので塞ぐ作業をします。
一番良いのはお粥を炊く事なんですが、少し時間がかかるので、今回は簡単な方法をご紹介します。

片栗粉で目止めをする方法

  1. ボールなどに、水9:片栗粉1の割合で溶かす(土鍋の8~9分目の量)
  2. 1の水溶き片栗粉を土鍋に入れる
  3. 弱火で沸騰させる
  4. 沸騰したら10~20分弱火で炊く
  5. 火を止めて冷めるまで待つ(1時間くらい)
  6. 水洗いして乾かす

これで焦げ付き防止の完成です。
片栗粉を小麦粉に代えてもできます。分量と作業工程は同様です。

また、似たようなやり方で「お米のとぎ汁」を使う方法もあります。
こちらも作業工程は同様です。

余談
土鍋に小さなひび割れがある場合も上記のやり方で塞ぐ事ができます。
なお、大きなひび割れは買い替えを検討してください。

おわりに
お使いになっている土鍋が焦げ付く様になってきたら、上記のやり方を試してみてください。焦げないようになります。
あとは火加減で焦げ付き防止をおこなってください。強火のままだと焦げるので注意してください。
これで「土鍋の焦げ付き防止方法」の話は終わりになります。
ご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m



特選 お買い得


スポンサードリンク

スポンサードリンク