>

ブラックフライデー

ブラックフライデー
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年11月21日(木)




photooftheday  「優」


テキスト


お得情報


スポンサードリンク

ブラックフライデー

ところで、ブラックフライデーの意味はご存知でしょうか。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。 日本語では黒字の金曜日とも訳される。


1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日は買い物客で道路が混むことからそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。その後、フィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表してからは、良い意味で使われるようになった。

買い物客で街に人が外に溢れるので「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけです。アメリカではお祭りのような一日なんですね。

因みに日本では、感謝祭に類似する祝日である勤労感謝の日(11月23日)にあわせて行われている事が多いようです。
そんなことで、お買い物するなら2019年11月22日2019年11月29日がねらい目ですよ!

ご覧いただき、ありがとうございました<(_ _)>