>

残ったおでんの安全ライン

残ったおでんの安全ライン
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年12月4日(水)



dummy

自宅でおでんを作りましたが余ってしまいました
消費期限を教えてください





作り過ぎてしまう事が多いおでんですが、消費期限をご存知の方は少ないと思います。詳しい事を聞いてみましょう。



dummy

はい、お答えします
今の季節で室温が10℃程度なら1日以下です。夏場の温度なら完全に冷めた状態で数時間になります。






おでんの消費期限


おでん


おでんは栄養が高い食べ物です。これは菌にとっても絶好の食べ物と言えます。室温が高ければ菌は繁殖を始めます。なので常温での保存は1日以下が限度です。
では、余ってしまった場合どうやって保存するのがベストなのか。

温度が5℃程度で、直射日光があたらない場所。

つまり「冷蔵庫」がベストです。
しかし、冷蔵庫がベストな保存場所とは言え条件があります。
二日以上保存する場合は、毎日70℃以上1分加熱するが条件です。
この「毎日70℃以上1分加熱し冷蔵保存する」をやっていれば1週間は日持ちします。
でも実際には味が濃くなり過ぎてしまうのでお勧めはしません。

保存のやり方

  • おでんの具と汁を分ける
  • 密閉できる容器に入れて冷蔵保存する

温める時は一緒で構いません。レンジで加熱する場合は卵の破裂に注意してください。

もう少し長く保存した方には冷凍保存がお勧めです。
やり方は、具と汁を分けます。具をフリーザーバッグに入れ空気を抜き、具が重ならないように冷凍保存してください。
具の冷凍保存は1ヶ月可能です。

汁も冷凍保存は可能です。冷凍保存可能な容器に入れて冷凍してください。冷凍保存可能では無い容器の場合は容器が破損する事があります。注意してください。
こちらも1ヶ月の冷凍保存が可能です。

おさらい
おでんは常温で保存した場合は数時間しかもたない。
冷蔵庫で保存しても1日が限度。
美味しく食べる事ができるのは製造日から3日間

そして、今回のようなケースで翌日に食べようと思っているなら、
具と汁を分けて冷蔵保存する。
そして翌日、食べる前に1分間は確実に沸騰させる

おわりに
今回はおでんの事でしたが、このような事は鍋料理や煮物も同じです。一日に一回は火を通してください。あとは冷蔵保存を忘れないでくださいね。
寒い季節ですが、商品の管理には十分に注意してください。
これで「おでんの消費期限」の話は終わりになります。
ご覧いただき、ありがとうございました<(_ _)>



お買い物情報


スポンサードリンク



テキスト



photooftheday  「深」