>

おせち料理に海老が入っているいわれ

おせち料理に海老が入っているいわれ
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年12月23日(月)





お正月の近づいておせち料理が楽しみですね。なかでもひときわ目立つ存在なのが海老ですよね。おせち料理が華やかになります。今回は何故、おせち料理の海老を使うのかをお話して行きたいと思います。


おせち料理に海老


おせち料理と海老

海老は長いひげや体の曲がった様子が老人の姿に似ている事から長寿を表しているとされます。また、「目が飛び出している」姿から、「めでたし(目出たし)」と言う縁起担ぎの意味で、慶事に適している食材と考えられ使われるようになりました。もう一つは海老は脱皮を繰り返して成長してゆく生き物なので「成長し生まれ変わってゆく」と言う意味でも使われています。
それに海老の鮮やかさもまた祝い事に使われる理由の一つです。

おせち料理 海老のつや煮(4人分)

作り方

材料

  • 有頭海老(車えび またはブラックタイガー) 8~10尾

A

  • だし汁 300ml
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2と1/2
  • 酒 大さじ2

作り方

  1. 海老はひげを切り、殻の間から竹串を使い背ワタを取り除く。
  2. 湯を沸かし、汚れを落とすために海老をサッとゆでザルにあげる。
  3. 鍋にAだし汁 300ml、醤油 大さじ2、みりん 大さじ2と1/2、酒 大さじ2を入れ煮立たせ、海老を「つの字」に曲げて入れる。
  4. 湧いてきたら落し蓋をして弱火で3分ほど煮る。
    5.そのまま冷めるまで置く。(約60分くらい)

煮汁につけた状態のまま冷ますことで味が染み、パサつきも防ぎしっとりとした仕上がりになます。
密閉できる容器に移して冷蔵庫で保存してください。期限は3~4日程度になります。

冷凍保存したい場合は、フリザーバッグに煮汁ごと入れて空気を抜いて冷凍保存してください。期限は1ヶ月程度になります。
解凍は使いたい前日に冷蔵庫へ移して解凍してください。

おわりに

おせち料理に海老が入っている理由には長寿への願いが込められています。海老の鮮やかな色もお正月にふさわしい彩ですね。なお海老の大小や種類は特に関係はありません。頭は付いていた方が見栄えが良いのでなるべくとらないでください。
おせち料理に海老を入れて華やかに新年を迎えましょう。
これで「おせち料理と海老」の話は終わりになります。
ご覧いただきありがとうございました<(_ _)>





テキスト